車×家族(ファミリーカー)の便利な情報を提供するメディア。

フルモデルチェンジ!N-BOXの進化を検証する

スポンサードリンク

満を持してフルモデルチェンジしたN-BOX。

大ヒットしたホンダの軽自動車だけあって注目ですね。

見た目には大きな変化は感じられませんが、確実に進化を遂げていますので検証します。

エクステリアについて


引用:【公式】ホンダ

軽の枠を超えたといわれる車格のイメージは踏襲しつつも、フルモデルチェンジによって、全グレ―ドにLEDヘッドライトを採用し更にアップグレードした感じです。

更に高級車にも使われるテクノロジーであるルーフレーザーブレーズをルーフサイドの溶接に採用し、上質感をアピール。

また、前方視界の向上するために、ロントピラーの極細化しました。

走りについて

ファミリーカー 走りについて
引用:【公式】ホンダ

軽量化と高剛性化という難しい進化を両立するために、高効率フロアフレーム構造や多くの高張力鋼板、新しい接合技術を採用しました。

更に、軽としては初となるi-VTECを採用したNAエンジンや電動ウェイストゲートを採用したターボエンジンを搭載。

高性能になったCVTやサスペンションシステムを採用し安心感がある走りを実現。

安全装備について

ファミリーカー 安全装置
引用:【公式】ホンダ

全タイプにHonda SENSINGを標準装備した上に、ホンダで初めてとなる「後方誤発進抑制機能」も採用。

Honda SENSINGには、衝突軽減ブレーキ<CMBS>をはじめ、誤発進抑制機能、ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>、LKAS<車線維持支援システム、先行車発進お知らせ機能、歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能、標識認識機能、後方誤発進抑制機能、オートハイビームといった機能があり、運転者をサポートするので安心ですね。

インテリアやシートについて

ファミリーカー インテリア
引用:【公式】ホンダ

コンパクトになったエンジンルーム、薄型化したテールゲートなどを採用し、室内空間をさらに広くしました。

低くしたテールゲートの開口部のおかげで、自転車や荷物の積み降ろしを楽にしました。

ベンチシートの他に、助手席スーパースライドシート、スロープ仕様を採用。

今回、新規に採用された助手席スーパースライドシートでは、助手席シートのスライド量が570mmとなり、後席から運転席へ移動が可能なりました。

更に、スライドリアシート(標準装備)と連携させて様々な使い方ができるようになりました。

アレルクリーンプラスシートを採用しましたので、シート表皮に付いたダニやスギ花粉といったアレルゲンの不活性化などの効果があります。

更に、360°スーパーUV・IRカット パッケージ(紫外線と赤外線を軽減)を全てのウィンドーに採用したので、乗車中の直射日光の対策も十分。

高性能エンジンマウントシステムも採用し、振動及び騒音を抑えることに注力したり、最適な位置に防音材や遮音材を取り付けたりすることで、静かな室内を実現しました。

タイプや価格、燃費、ボディーカラーについて

ファミリーカー タイプ
引用:【公式】ホンダ

価格と燃費、ボディーカラーについては次の通りです。

N-BOX

・G・Honda SENSING—FF(27.0㎞/L):1,385,640円4WD(25.4㎞/L):1,516,320円

・G・L Honda SENSING—FF(27.0㎞/L):1,499,040円4WD(25.4㎞/L):1,629,720円

・G・L ターボ Honda SENSING—FF(25.6㎞/L):1,695,600円4WD(23,4㎞/L):1,826,280円

・G・EX Honda SENSING—FF(27.0㎞/L):1,596,240円4WD(24.2㎞/L):1,726,920円

・G・EX ターボ Honda SENSING—FF(25.6㎞/L):1,749,600円4WD(23.4㎞/L):1,880,280円

 

N-BOX Custom

・G・L Honda SENSING—FF(27.0㎞/L):1,698,840円4WD(25.4㎞/L):1,829,520円

・G・L ターボ Honda SENSING—FF(25.0㎞/L):1,895,400円4WD(23.0㎞/L):2,026,080円

・G・EX Honda SENSING—FF(27.0㎞/L):1,752,840円4WD(24.2㎞/L):1,883,520円

・G・EX ターボ Honda SENSING—FF(25.0㎞/L):1,949,400円4WD(23.0㎞/L):2,080,080円

ボディーカラー

N-BOX

・プレミアムホワイト・パールII

・ルナシルバー・メタリック

・クリスタルブラック・パール

・プレミアムピンク・パール

・プレミアムアイボリー・パール

・プレミアムアガットブラウン・パール

・プレミアムイエロー・パールII

・ブリリアントスポーティブルー・メタリック

・モーニングミストブルー・メタリック

・ブリティッシュグリーン・パール

2トーンカラー

・プレミアムピンク・パール&ホワイト

・プレミアムアガットブラウン・パール&ホワイト

・プレミアムイエロー・パールII&ホワイト

・プレミアムアイボリー・パール&ブラウン

N-BOX Custom

・プレミアムホワイト・パールII

・ルナシルバー・メタリック

・シャイニンググレー・メタリック

・クリスタルブラック・パール

・プレミアムグラマラスブロンズ・パール

・ブリリアントスポーティブルー・メタリック

・プレミアムベルベットパープル・パール

2トーンカラー

・プレミアムホワイト・パールII&ブラック

・ミラノレッド&ブラック

・ブリリアントスポーティブルー・メタリック&ブラック

・プレミアムグラマラスブロンズ・パール&シルバー

・クリスタルブラック・パール&レッド

まとめ

新型N-BOXは旧型と比較して一見外観に大きな変化はありませんが、軽量化と高剛性化を両立させたり、新しいシステムを装着したエンジンを搭載したりして、大きく進化したと考えられますね。

更に、助手席スーパースライドシートを採用したことで、ファミリカーとして更なる進化が感じられます。