車×家族(ファミリーカー)の便利な情報を提供するメディア。

自動車のお祓い!交通安全にご利益がある神社仏閣5選

お祓い

スポンサードリンク

もらい事故に遭遇したり、自動車を傷つけられたりすると、私って運が悪いなあと思うことがありますよね。

自分では注意していてもどうしょうもないことは、神様や仏様にお願いするのが一番。

交通安全にご利益がある神社や仏閣で自動車のお祓いをしてみませんか?

ところで自動車のお祓いはどうやって行われるの?

お祓い

自動車のお祓いはそんなに難しくはありません、ある神社の自動車のお祓いについて紹介しますね。

神社へ行ってまず受付を済ました後に、祈祷場といわれる場所に自動車を移動させます。

運転者及び同乗者は身上安全祈願をしてから、案内に従ってご本尊様を参拝するとお札が頂けます。

御堂の前で自動車のお祓いをしておしまいですね。

厄除けのお大師さまと親しまれる「川崎大師」

厄除け
引用:http://www.kawasakidaishi.com/profit/car.html

真言宗 智山派の大本山である「川崎大師」は大治3年(1128)に開創しました。

御本尊は、厄除弘法大師なので、御利益は期待できますよね。

ここでは、年1回のご祈祷をおすすめしているそうで、祈祷料は5,000円/1台となっています。

お札をはじめ交通安全お守り、身代守、ステッカー、聖語便箋が頂けます。

交通安全のお札で、自動車の中に下げてドライブする際に祈願を思い出してほしいそうです。

交通安全のお札には、名前と自動車のナンバーが入ります。

交通安全お守りは、運転しない時も身につけ、身代守は災厄をお大師さまが身代わって頂けます。

ステッカーには「羯磨」の図柄が入っており、災難をのぞく意味を表現しています。

・川崎大師
〒210-8521
神奈川県川崎市川崎区大師町4-48
TEL:044-266-3420

交通安全・厄よけ・ガン封じ祈願で有名な「狸谷山不動院」

狸谷山不動院
引用:http://www.tanukidani.com/prayer/car_prayer/

タヌキダニのお不動さんとして親しまれている「狸谷山不動院」には武蔵之滝があり、その昔、宮本武蔵が心の剣を洗練したと伝わります。

自動車やバイクを買った時や、旅行に行く前や法定検査を実施などの際に自動車をはじめ、ご自分や家族の安全を願い交通安全祈祷を実施。

御祈祷時間は、午前9時〜午後4時までとなっています。

・大本山 狸谷山不動院(たぬきだにさんふどういん)
〒606-8156 京都府京都市左京区一乗寺松原町6
電話075-722-0025(午前9時〜午後4時)

宗像三女神が祭神の「宗像大社」

宗像大社
引用:http://www.munakata-taisha.or.jp/html/kigan.html

宗像大社の宗像三女神は、道を司る最高神とされ、全国から人々が祈願にやってきます。

自動車専用のお守りはこの大社が発祥で、交通安全お守りとして提供。

交通安全祈願の初穂料は、個人は二輪車が3,000円、普通車が5,000円、大型車が6,000円となっています。

受付時間は午前9時~午後5時。
宗像大社辺津宮
福岡県宗像市田島2331
電話番号:0940-62-1311(代)
駐車場:無料
宗像大社中津宮
福岡県宗像市大島1811
電話番号:0940-72-2007

成田山のお不動さま「大本山成田山新勝寺」

大本山成田山新勝寺
引用:http://www.naritasan.or.jp/pray/kotsu.html

千年以上の長い歴史を誇る「大本山成田山新勝寺」は人々の心願成就を祈願してきました。

御本尊不動明王は、真言密教の最高仏とされています。

このお寺の交通安全祈祷で「御守札」を頂き、清らかな心で運転すれば、お不動さまの御力で守って頂けます。

大本山成田山新勝寺
〒286-0023 千葉県成田市成田1番地
電話 0476-22-2111(代表)

厄除け・祈祷「瀧谷不動尊」

瀧谷不動尊
引用:http://www.takidanifudouson.or.jp/safety/

「瀧谷不動尊」の大師一刀三礼の霊像(本尊不動明王、脇侍の矜羯羅童子、制吒迦童子)は大師一刀三礼の霊像として国の重要文化財になっています。

交通安全祈祷をおつとめすると、交通安全御守礼、災難除御守、ステッカーが頂けます。

瀧谷不動尊
〒584-0058 富田林市彼方(おちかた)1762
電話:(0721)34-0028(代)

まとめ

交通安全の祈願で有名な神社仏閣をご紹介してきましたが、どの神社仏閣もご利益がありそうですね。

交通事故は、関わった人すべてを不幸にします。

今年、運が悪かったなあと思う人はぜひ、交通安全祈願に行ってみませんか。

関連記事