車×家族(ファミリーカー)の便利な情報を提供するメディア。

家族のために加入した方がいい?ファミリー向けの自動車保険

自動車保険

スポンサードリンク

自動車保険というと車だけというイメージがありますが、実は車以外のトラブルでも補償されるタイプの保険も存在します。

結婚して間もない場合、ファミリー向けの保険があるということを知らなかったという方も多いのではないかと思います。

今回は、そんなファミリー向けの自動車保険についてご紹介していきます。

これから自動車保険に加入したいという方や見直したいという方は、最後までお付き合いいただければ幸いです。

ファミリー向けの自動車保険①:ファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約

ファミリー向けの保険としては、多くの保険会社で「ファミリーバイク特約」がラインナップされています。

ファミリーバイク特約とは、自動車保険に加入している契約者本人はもちろん家族が持っている125cc以下のオートバイも補償してもらうことができる特約のことです。

ファミリーバイク特約が付帯されていることによって、家族がバイクに乗って事故を起こしたときにも補償を受けることが可能となります。

因みにファミリーバイク特約は「人身傷害型」と「自損傷害型」のどちらかを選ぶ必要があるのですが、自損傷害型に関しては人身傷害事故の場合に補償されないので、加入時には注意が必要です。

ファミリー向けの自動車保険②:ファミリー障害特約

ファミリー障害特約

次は、「ファミリー障害特約」です。

ファミリー障害特約とは、契約者本人やその家族が負傷して通院または入院した場合、保険金を補償してもらえる特約のことです。

三井ダイレクト損保やチューリッヒ(スーパー自動車保険)で取り扱われています。

このファミリー障害特約には2つのタイプがあり、場所を問わず障害事故には全て補償されるタイプと、外出先での障害事故に対してのみ補償されるタイプとなります。

前者は「ファミリー障害ワイドタイプ」、後者は「ファミリー障害アウトドアタイプ」と呼ばれています。

また範囲に関しても、契約者、配偶者、配偶者と同居の親族、未婚の子を含む「家族型」と、契約者と配偶者のみの「夫婦型」の2つのタイプが存在しています。