車×家族(ファミリーカー)の便利な情報を提供するメディア。

事故防止に!安全に冬道を走行する方法

ファミリーカー 余裕

スポンサードリンク

冬道は、凍っていたり、雪が積もっていたりして、自動車にとっては難敵です。

ただ、しっかり準備して、安全に走行する方法を身に付ければ、事故防止に繋げられることがありますので、ご紹介します。

冬道を走行するための準備

ファミリーカー 冬道準備
引用:PhotoAc

冬道を走行するための準備で思い浮かべるのは、スタッドレスとチェーン、牽引ロープですが、その他にも準備しておかなければならないものがありますのでご紹介します。

ジャッキが邪魔だと思い自動車から降ろしてしまっている人がいるかもしれないので、ジャッキが積載されているかチェックしてください。

パンタグラフジャッキの場合、放置しておくと動きが鈍くなっている可能性があるので、しっかり動くか確認し、必要に応じてメンテナンスしてください。

パンタグラフジャッキ本体以外に付属する部品も揃っているかどうか確認してください。

更に、新聞紙、軍手、懐中電灯も忘れずに自動車にのせておきましょう。

チェーンの脱着の際に、軍手は装着、新聞紙は地面に敷くことで手や衣服が汚れずにすみます。

懐中電灯は夜間にチェーンを交換することなることを想定し、必需品。

余裕がある日程が冬道の走行の基本

ファミリーカー 余裕
引用:PhotoAc

例えば、スキーやスノーボードをするためにスキー場に出かけるにしても、冬期の道は夏期の道より、速度が出せないことを念頭に置くことが必要。

夏期走行した道でも、冬期になれば積雪や凍結によって全ての自動車は速度を落とさなければならないので、結果走行時間も増えるので、余裕をもった日程で計画を組みましょう。

悪天候などでなかなか目的地に到着しないと、だんだん焦るようになり無理な運転をする可能性があり、結果、事故に繋がってしまうことがあります。

冬は雪による悪天候も予想され、日本道路交通情報センターから発信される道路の情報によっては、日程を変更するといった対策も必要になってくる場合があります。

冬道の安全な走行方法について

ファミリーカー 安全
引用:PhotoAc

まず、自動車に乗る時は、靴に雪がついていないか確認し、雪がついていればしっかり落としましょう。

靴に雪がついたまま運転していると、ペダルが操作しづらくなったり、滑ってしまったりするので、非常に危険。

雪道や凍結した道は、タイヤと路面の摩擦抵抗が少なくなりスリップしやすいでので、乾燥した路面と同じように、追い越しや車線変更のためにハンドルを切ったり、減速や停止するためにフットブレーキを使っていたりしたら、危険なことが多いです。

雪道や凍結した道では、急ハンドル、急ブレーキは避け、車間距離をできるだけとり、減速する際は、フットブレーキとエンジンブレーキを併用しましょう。

発進時も急発進は避け、ゆっくり、じわりじわりとアクセルペダルを踏んで、タイヤのスリップを抑えてください。

スタッドレスを装着していれば安心だと過信せずに、凍結した道ではチェーンを併用したほうがより安全に走行できますので、早めにチェーンを装着しましょう。

自動車が重くなっていたら更に注意が必要

ファミリーカー
引用:PhotoAc

車両の重量が重かったり、全高が高かったりする自動車は、コーナーなどでタイヤにかかる負担は大きいので、車両の重量が軽く全高の低い自動車に比べ、スリップしやすいといわれます。

例えば、セレナにルーフキャリアを使ってスキーやスノーボードを積載し、家族8人が乗ると、車両の重量は2tを超える場合があります。

この状態で、雪道や凍結した道を走れば、よりスリップしやすくなるので、ご紹介した方法を参考にして、細心の注意を払い走らなければなりません。

一方、比較的車両の重量が軽いノートやフリードであっても、5人乗ったり、スキーやスノーボードの用具を積載したりする場合は、車両の重量が増しますので、同様に注意して走行しなければなりません。

まとめ

冬道を走行するためには、スタッドレスとチェーン、牽引ロープ、新聞紙、軍手、懐中電灯を忘れずに自動車にのせておきましょう。

余裕がある日程が冬道の走行の基本なので、スキー場に行く時は、しっかり走行計画を立てください。

靴に雪がついていないか確認し、雪がついていればしっかり落とし自動車に乗りこみ、運転中は急ハンドル、急ブレーキは避け、車間距離をできるだけとり、減速する際は、フットブレーキとエンジンブレーキも併用しましょう。

急発進は避け、ゆっくり、じわりじわりとアクセルペダルを踏んで、タイヤのスリップを抑えてください。

セレナにスキーやスノーボードをルーフキャリア使って積載し、家族8人が乗ると、車両の重量は2tを超える場合があり、よりスリップしやすくなるので、ご紹介した方法を参考にして、冬道を細心の注意を払い走らなければなりません。