車×家族(ファミリーカー)の便利な情報を提供するメディア。

車選びに迷った人に朗報!ちょうど良いサイズのSUV比較

ファミリーカー

スポンサードリンク

街乗りに特価したちょうど良いサイズのSUVが続々と発売され、テレビや雑誌で取り上げられるようになり、気になりますよね。

果たして、自分や家族にちょうどよいSUVがあるのか迷っている人もいると思いますので、厳選した3車種を比較します。

ボディや室内のサイズについて

ファミリーカー トヨタ

引用:トヨタ公式サイト

車種・グレードトヨタ C-HR Sホンダ ヴェゼル ハイブリッドマツダ CX-3 XD
型式DAA-ZYX10DAA-RU3LDA-DK5FW
ドア数555
全長4360mm4295mm4275mm
全幅1795mm1770mm1765mm
全高1550mm1605mm1550mm
室内長1800mm1930mm1810mm
室内幅1455mm1485mm1435mm
室内高1210mm1265mm1210mm
車両重量1440kg1270kg1270kg

ドアについては、全ての車種が5ドアを採用しているため、家族で乗り降りする際に楽ですね。

ボディについては、全長が4275mm、全幅が1765mmのマツダ CX-3 XDが他の車種よりコンパクトとなっており、狭い駐車場や街乗りで威力を発揮してくれそうです。

室内については、室内長が1930mm、室内幅1485mm、室内高が1265mmのホンダ ヴェゼル ハイブリッドが他の車種より広くなっており、快適にドライブできそうですね。

トヨタ C-HR Sの車両重量は1440kgあり、他の車種より重いですね。

コンパクトボディが好みなら、CX-3 XD、広々した室内空間を望むなら、ホンダ ヴェゼル ハイブリッドがおススメですね。

エンジンについて

ファミリーカー ホンダ

引用:ホンダ公式サイト

車種・グレードトヨタ C-HR Sホンダ ヴェゼル ハイブリッドマツダ CX-3 XD
型式DAA-ZYX10DAA-RU3LDA-DK5FW
排気量1800cc1500cc 1500cc
燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン軽油
燃費(JC08モード)30.2km/l27.0km/l23.0km/l
型式2ZR-FXELEBS5-DPTS
最高出力98ps(72kW)/5200rpm132ps(97kW)/6600rpm105ps(77kW)/4000rpm
最大トルク14.5kg・m(142N・m)/3600rpm15.9kg・m(156N・m)/4600rpm27.5kg・m(270N・m)/1600~2500rpm
種類直列4気筒DOHC+モーター水冷直列4気筒DOHC16バルブ+モーター水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ
燃料供給装置 電子制御式燃料噴射装置(EFI)電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)   電子式(コモンレール)

排気量については、トヨタ C-HR Sが1800ccとなっており他の車種より300㏄程大き目。

燃費については、30.2km/lのトヨタ C-HR Sが他の車種より良いです。

ただ、マツダ CX-3 XDは他の車種より燃費は悪いですが、価格が安い軽油を使っているので、かかるコストを考えると大きくは劣っている訳ではありません。

最高出力については、132ps(97kW)/6600rpmのホンダ ヴェゼル ハイブリッドが他の車種に比べ、とてもパワフルですね。

排気量、燃費で選ぶならトヨタ C-HR S、出力で選ぶならホンダ ヴェゼル ハイブリッドがおススメですね。

サスなどについて

ファミリーカー マツダ

引用:マツダ公式サイト

車種・グレードトヨタ C-HR Sホンダ ヴェゼル ハイブリッドマツダ CX-3 XD
型式DAA-ZYX10DAA-RU3LDA-DK5FW
ステアリング形式パワーアシスト付きラック&ピニオンパワーアシスト付きラック&ピニオンパワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(フロント)マクファーソン・ストラット式コイルスプリング(スタビライザー付)マクファーソン式マクファーソンストラット式
サスペンション形式(リヤ)ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング(スタビライザー付)車軸式トーションビーム式
ブレーキ形式(フロント)ベンチレーテッドディスクベンチレーテッドディスクベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(リヤ)ディスクディスクディスク
タイヤサイズ(フロント)215/60R17215/60R1695H 215/50R18 92V
タイヤサイズ(リヤ)215/60R17215/60R1695H 215/50R18 92V
最小回転半径5.2m5.3m5.3m
ホイールベース 2640mm 2610mm2570mm
トレッド前 1550mm 1535mm 1525mm
トレッド後 1550mm 1540mm 1520mm

 

スタビライザーが付いたマクファーソン・ストラット式コイルスプリング(フロント)やダブルウィッシュボーン式コイルスプリング(リヤ)を採用したトヨタ C-HR Sは、他の車種に比べ、乗用車として本格的なサスが採用されているので、しっかりした走りが期待できます。

タイヤについては、215/50R18 92V(前後)が採用されたマツダ CX-3 XDが他の車種より、スポーティーなタイヤが装着されています。

最小回転半径については、5.2mのトヨタ C-HR Sが他の車種に比べ若干小さいので、狭い道で楽に運転できそうです。

サス、最小回転半径で選ぶならC-HR Sですね。

価格について

ファミリーカー ホンダ

引用:ホンダ公式サイト

車種・グレードトヨタ C-HR Sホンダ ヴェゼル ハイブリッドマツダ CX-3 XD
型式DAA-ZYX10DAA-RU3LDA-DK5FW
小売価格 2,646,000円2,270,000円2,408,400円

価格については、2,270,000円のホンダ ヴェゼル ハイブリッドが他の車種に比べ、安いですね。

まとめ

トヨタ C-HR Sは、排気量をはじめ、燃費、サス、最小回転半径において、他の車種をリードしてしますね。

ホンダ ヴェゼル ハイブリッドは、出力、室内空間、価格において他の車種をリード。

CX-3 XDはボディサイズ、タイヤにおいて車種をリードしています。

それぞれの長所を考えて、自分や家族にぴったりなSUVを選んでください。