車×家族(ファミリーカー)の便利な情報を提供するメディア。

【ガソリン車とハイブリッド車!】購入するならどちらがお得?:コンパクトミニバン編

ファミリーカー

スポンサードリンク

車を買い換えようとしたとき、検討している車にハイブリッドが設定されていることがあると思います。

走行性能という点を除いて、金銭面では一体どちらがお得になるのか気になっておられる方も多いのではないでしょうか。

今回は、コンパクトミニバンを中心に、そういった疑問を解決していきたいと思います。

興味を持たれた方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

目次

コンパクトミニバン各モデルの車体本体価格と燃費性能

まずは、コンパクトミニバンの本体価格と燃費性能を紹介させていただきます。

ホンダ・フリードの場合

ホンダ フリード

出典:ホンダ公式HP

フリード・ハイブリッド車

・新車販売価格…225.6~274.8万円

・JC08モード燃費…25.2~27.2km/L

フリード・ガソリン車

・新車販売価格…188.0~235.2万円

・JC08モード燃費…17.6~19.0km/L

トヨタ・シエンタの場合

トヨタ シエンタ

出典:トヨタ公式HP

シエンタ・ハイブリッド車

・新車販売価格…222.6~234.7万円

・JC08モード燃費…27.2km/L

シエンタ・ガソリン車

・新車販売価格…168.9~214.5万円

・JC08モード燃費…20.2km/L

スズキ・ソリオの場合

 

スズキ ソリオ

出典:スズキ公式HP

ソリオ・ハイブリッド車 ※マイルドハイブリッド除く

・新車販売価格…191.7~212.2万円

・JC08モード燃費…32.0km/L

ソリオ・ガソリン車

・新車販売価格…145.4~158.1万円

・JC08モード燃費…22.0~24.8km/L

各モデルを10年乗った場合の燃料代差額

では、各モデルを10年間乗った場合の燃料代差額を、JC08モードに基づいて算出したいと思います。

金額や燃費に幅があるので、各車種エントリーモデルのFF車と仮定します。

走行距離は、年間10,000km×10年間=100,000kmで、ガソリン価格は125円とします。

ホンダ・フリード

ハイブリッド車

・10年間のガソリン使用量:100,000÷27.2=3676.4(L)

・10年間のガソリン代:3676.4L×125円=459,550円

ガソリン車

・10年間のガソリン使用量:100,000÷19.0=5263.1(L)

・10年間のガソリン代:5263.1L×125円=657,887円

燃料代・本体の価格差

・10年間の燃料代差額…198,337円

・本体価格の差額…376,000円

・本体価格・10年間燃料代差額:177,663 

トヨタ・シエンタ

ハイブリッド車

・10年間のガソリン使用量:100,000÷27.2=3676.4(L)

・10年間のガソリン代:3676.4L×125円=459,550円

ガソリン車

・10年間のガソリン使用量:100,000÷20.2=4950.4(L)

・10年間のガソリン代:4950.4L×125円=618,800円

燃料代・本体の価格差

・10年間の燃料代差額…159,250円

・本体価格の差額…537,000円

・本体価格・10年間燃料代差額:377,750

スズキ・ソリオ

ハイブリッド車

・10年間のガソリン使用量:100,000÷32.0=3125.0(L)

・10年間のガソリン代:3125.0L×125円=390,625円

ガソリン車

・10年間のガソリン使用量:100,000÷24.8=4032.2(L)

・10年間のガソリン代:4032.2L×125円=504,025円

燃料代・本体の価格差

・10年間の燃料代差額…113,400円

・本体価格の差額…463,000円

・本体価格・10年間燃料代差額:349,600

フリードの価格差が最も少ない

・フリード…177,663円

・シエンタ…377,750円

・ソリオ…349,600円

単純に、ハイブリッド車とガソリン車の本体価格差額と10年間の燃料代の差額を差し引いた場合、最も価格差が少ないのはフリードという結果になりました。

ただし、実燃費はカタログ燃費のおよそ7割~8割程度なので、実際の燃料代はこれらの2割~3割増した金額になると考えておいた方が良いでしょう。

エコカー減税やグリーン化特例を考慮した場合

エコカー減税

燃料代や本体代金と同じく考慮しないといけないのはエコカー減税やグリーン化特例です。

フリードの減税額(自動車取得税、重量税、グリーン化特例)

ガソリンモデル【自動車取得税:20%減税、自動車重量税:25%減税】

・エコカー減税(自動車取得税+自動車重量税)…9,400円+5,700円=15,100円

・グリーン化特例…なし

・合計…15,100円

ハイブリッドモデル【自動車取得税:非課税、自動車重量税:免税、グリーン化特例:75%減税】

・エコカー減税(自動車取得税+自動車重量税)…56,400円+22,500円=78,900円

・グリーン化特例…25,500円

・合計…104,400円

シエンタの減税額(自動車取得税、重量税、グリーン化特例)

ガソリンモデル【自動車取得税:20%減税、自動車重量税25%減税】

・エコカー減税(自動車取得税+自動車重量税)…9,900円+5,700円=15,600円

・グリーン化特例…なし

・合計…15,600円

ハイブリッドモデル【自動車取得税:非課税、自動車重量税:免税、グリーン化特例:75%減税】

・エコカー減税(自動車取得税+自動車重量税)…58,200円+22,500円=80,700円

・グリーン化特例…25,500円

・合計…106,200円

ソリオの減税額(自動車取得税、重量税、グリーン化特例)

ガソリンモデル【自動車取得税:20%減税、自動車重量税25%減税】

・エコカー減税(自動車取得税+自動車重量税)…7,300円+3,800円=11,100円

・グリーン化特例…なし

・合計…11,100円

ハイブリッドモデル【自動車取得税:免税、自動車重量税:非課税、グリーン化特例:75減税】

・エコカー減税(自動車取得税+自動車重量税)…51,500円+15,000円=66,500円

・グリーン化特例…25,500円

・合計…92,000円

結論:10年乗り続けてもガソリン車の方がお得

ガソリン車

さきほどの本体代金・燃料代差額からエコカー減税の差額を差し引いても、ガソリン車の方がコストパフォーマンスは高いといえます。

フリード

・177,663円-89,300円=88,363

シエンタ

・377,750円-90,600円=287,150

ソリオ

・349,600円-80,900円=268,700

最もハイブリッド車とガソリン車の差額が少ないのは、フリードということになりました。

まとめ

ファミリーカー嫁

いかがだったでしょうか。

ガソリン車にした方が、どれだけ安く済ませられるのかお分かりいただけたと思います。

環境性能やリセールを重視する方はハイブリッド車、価格や維持費を重視する方はガソリン車が向いているといえそうです。

ご自身の予算や考え方に最適な1台を選ぶのがベストですが、もし迷われたときには今回の記事を思い出して検討していただければ幸いです。