車×家族(ファミリーカー)の便利な情報を提供するメディア。

自動車ローン(マイカーローン)について知りたい方

そもそも自動車ローン(マイカーロン)とは?

自動車ローン(マイカーローン)とは、ディーラーや銀行などの金融機関から自動車に必要な代金を貸し付けてもらうことを言います。

つまり銀行などからお金を借りて自動車を購入するので、当然利息というものを支払うことも考えなければなりません。

毎月決められた一定金額を返済していき、数年かけて自動車の代金を返済しなければなりません。

今の時代の利息は、年利数パーセントとはいえ、銀行から借りる金額がそれなりに大きいだけに利息も大きな金額になります。

ではなぜ!?自動車ローンという選択肢なのか

自動車ローン 選択
自動車ローン(マイカーローン)の最大のメリットは、やはり一括で自動車を購入するために何年もお金を貯めるよりも、車を購入出来る点ではないでしょうか?

自動車の購入は当然安くありません。毎月いくらかを積み立てをして、購入できる金額までお金を貯めるとなると何年先になるかわかりません。

自動車ローン(マイカーロン)を組むことにより毎月決まった額の支払いを行っていくため、貯金が苦手な人にもメリットは大きいと言えます。

車は贅沢品でわざわざローンを組んで買う必要はないと思っている方もいますが、確かに車が無くても公共機関を利用すれば生活が出来るかもしれませんが、車がないと困るケースも多数あります。

また、車は各々必要な時期に合わして選ぶ車種変わってるケースもあります。

独身の時は、軽自動車でも良い場合もありますし、家族が居て購入する場合はワンボックスカーなど大きな自動車が必要な場合もあります。

自動車を買うために貯金を何年もやっている内に車が必要な状況も変わってくるので利用するタイミングで自動車ローンも活用する事をオススメします。

自動車ローン(マイカーロン)には魅力がありますが、貸付なので自動車ローンを受けるには、当然審査あります。

まずはその審査に通らなければ、利用することもできません。

また、自動車ローンを利用することによって生活に支障をきたすケースもあります。

なので自動車ローンを利用する場合は無理のない金額なのか、という点も非常に重要なポイントになります。

憧れの外車を購入したものの、結局車を売却してしまいローンだけ払い続けるというケースもあります。

自動車ローンというのは、どこでローンを組むのか、どれぐらいの金額を返して行くのか、どういう車が今必要なのかも考えることも重要になってきます。

ディーラーローンと銀行等の金融機関どっちがお得!?

自動車ローン 比較
自動車ローンを利用するする時には、まず選択肢として大きく2つの選択肢があります。

それは、ディーラーローンなのか銀行、信用金庫、JAと言った、金融機関の自動車ローンです。

当然、2つの種類にはそれぞれ特徴があります。

自分にとってはどちらの自動車ローンが合っているのかもしっかり見極めて、最適な自動車ローンを選ぶ必要があります。

ディーラーローンのメリット

ディーラーローン メリット
ディーラーローンとは、車も購入するディーラーで合わせて車のローンを組むこといいます。

車の購入と合わせてローンの契約も出来るので非常に便利ではあります。

その他、ディーラーローンを利用する場合には、様々なメリットやデメリットがあります。

◆金融機関のローンよりも審査が通りやすい。

ディーラーローンを契約すると、その利息の一部を手数料として信販会社からディーラーへバックします

そのため ディーラーは、ローンの審査に通るよう融通をきかせてくれるの事が多いです。

審査に不安がある場合、ディーラーローンを利用するほうが通りやすいです。

◆審査から融資までの時間が早い。

ディーラーローンは審査のハードルが比較的低いです。

審査結果も早ければ30分~1時間ほどと短時間で完了することが多いです。

◆同時に契約ができ、土日でも大丈夫。

ディーラーは土日でも営業していることが大半です。

なので契約や審査も土日でも審査や手続きを行う事ができます。

◆ディーラーのサービスがより受けられる場合がある。

ディーラーは利息や手数料によって利益を得ているので「ディーラーローンを組んでもらいたい」と考えています。

なので、ディーラーはローンを組んでもらうために様々なサービス・値引きをやってくれます。

ディーラーローンのデメリット

ディーラーローン デメリット

◆銀行ローンと比較すると金利が高い

ディーラーローンは通りやすいですが、銀行系のローンと比較するとどうしても高い金利になってしまいます。

場合のよりますが、銀行系のローンよりも2倍近く変わる場合もあります。

◆ローン完済までは所有権がディーラー名義になる

自動車ローンの完済までは自動車の所有権はお金を貸している信販会社側にあります。

なので、もしローンの途中で車が売りたくなった場合でも、勝手に車を売ることが出来ません。

◆返済期間が短い

ディーラーは、早く次の車に乗り換えてもらいたいと考えています。

そのため、ディーラーローンの返済期間は銀行系のローンと比べると短く設けられています。

ほとんどの場合が2~5年が主流となっています。

銀行系のローンなら8年〜10年の長期返済が可能な自動車ローンもあります。

銀行・信用・JAのメリット

銀行ローン メリット

銀行・信用・JA系ローンとは、ディーラーとは別で自分で銀行などから車のローンを組むこといいます。

ディーラーローンに比べて低金利で借りる事が出来るのが特徴です。

その他、銀行・信用・JA系ローンを利用する場合には、様々なメリットやデメリットがあります。

◆車の所有権は自分になる。

ディーラーローンと違い、車の所有権は購入者にあるので、途中で車を売ることも可能。

◆ディーラーで車が決まる前からでも仮審査できる。

ディーラーローンと違い、前もって審査が通るかや金利がどれ位のローンを借りることが出来るのか仮審査が出来るので購入に対する計画が立てやすいです。

◆車の購入だけでなく、車検・修理・免許取得など車に関わる借入ならOK。

ディーラーローンでは、借入れる事が出来るの車の車体価格の費用になります。しかし、銀行系ローンであれば車体以外のオプション費用や車検など車に関する費用であれば使うことが出来ます。

◆来店不要でネットと郵送で手続きが完了出来る。

銀行系ローンの審査は、来店不要な場合が多く、ネット上で申込必要な書類を郵送で送るだけで審査の手続きを完了させることが出来ます。

また、来店不要なので、近くの地方銀行だけではなく、全国対応の銀行であれば自分の地域以外の銀行ローンでも申し込む事が出来ます。

銀行・信用・JAのデメリット

銀行ローン デメリット

◆審査が厳しい

ディーラーローンと比べて、低金利なので審査の基準が高く設定されています。

◆審査に時間がかかる

ディーラーローンだと、審査には、30分〜1時間程とご紹介しましたが、銀行系ローンだと1週間ほどかかるケースが大半です。

余裕を持った計画でローンの審査をしましょう。

◆必要な書類が多い

すべての書類を自分で用意する必要があり、提出書類が多く、大変な作業になります。

銀行の自動車ローン審査を有利にする為にやっておく事

自動車ローン 審査
◆頭金を用意しておくこと

頭金は必ず必要と言うわけではないですが、やはり無いよりはあった方が信用されやすい傾向があるようです。

頭金もしっかり用意している方が自動車購入に対して計画性があるというような判断もされるようです。

また、頭金がある方がより、条件のいい低金利で借りる事が出来る場合もあるようです。

◆口座を持っておく事

口座を持っていなくても自動車ローンの審査は通りますが、こちらも無いよりはあった方がより有利みたいです。

また、開設した口座が給与振り込み用の口座にしているとさらに信頼感が増すようです。

◆審査に通る為の虚偽記載がダメ!

審査に通りたいが為、年収や勤続年数、借入件数などを虚偽の内容を記載する方がいますが、勤務先などにも電話が行く時もありますので、あまりに違った内容を書いているとバレてしまいます。

また、借入件数も信用情報機関には借入状況がきちんと記載されていたりしますので嘘がばれるでしょう。

◆他の金融機関との滞納やトラブルを起こしていないこと

審査の際には必ず信用情報機関をチェックします。

信用情報機関には、現在返済中のローンや情報の他に一定期間の金融事故情報・金融機関への申し込み情報なども記載されています。

また、現在は借入がない状態でも、過去に借入状況などをチェックし、滞納やトラブルがないかチェックされます。

借りる前に理解しておこう!変動金利と固定金利の違い

金利 比較
自動車ローンを組む際には、必ず「金利」の選択をする必要があります。

自動車ローンを利用する際の金利タイプで「変動金利」と「固定金利」がありそれぞれの仕組みを理解しておきましょう。

変動金利

変動金利型の金利変更は、基本的には半年ごとに一度見直しされます。

そして、金利基準を元に上がったり下がったりします。

メリットとしては、金利は固定型よりも低金利で契約が出来ます。そのため返済額の軽減されることにより、毎月の返済額を減らす事が出来ます。

ただ、デメリットとして、情勢によっては、金利が上がっていく可能性もあります。

固定金利

固定金利型のローンと言うのは、名前の通り、契約時の金利がそのままローン完済まで変わらない形の事を言います。例えば、金利2%で契約した場合には、借入が終わるまでずっと2%が適用される事になります。

固定金利型ローンのメリットとしては、最初の契約時から金利が全く変わりません。金利が固定されていることにより「毎月の返済額」や「総支払額」が最初の時点でわかるので、将来的、長期的な返済計画が立てやすくなります。

まとめ:自動車ローンを比較する時に見るポイント!!

自動車ローン チェック

自動車ローンを考える際には、おそらく数社の自動車ローンを比較すると思います。

その時は以下の点を注意しながら比較してみましょう。

①どの費用がローンに含まれているか?

②審査にかかる期間

③口座開設は不要なのか?

④来店は不要なのか?

⑤保証料がちゃんと含まれている?

⑥金利は何%で変動金利なのか固定金利なのか?

⑦お借入れ期間

⑧繰上返済手数料/臨時返済手数料